履歴書・添え状の書き方 « 業種一覧にない業種

履歴書・添え状の書き方

就職する際、気になるのが、履歴書と添え状の書き方です。履歴書の書き方は、1枚目は求職者がどのような経験を持っているかを知らせる必要があります。年号や前職の企業名などに間違い無いかをよく確認しましょう。2枚目はアピールできる部分を書くとよく、自分のスキルや適性、希望職種などを念頭において書き込みます。履歴書を送る時に必ず必要なのが添え状で、求人に応募する場合、この封筒の中にはこういったものが入っていますと書き添えるものです。中身や内容の説明を書いた紙のことで、一般的に添え状と呼んでいます。添え状は、手書きでもパソコンでもどちらでもいいのですが、最近はパソコンで作成するのが一般的です。添え状の書き方は、ビジネス文書の体裁に近くなるので、横書きが一般的です。季節を表わす時候の挨拶などは必要ありませんが、企業に対して慣用句を記します。時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げますと書き、文章の始まりと終わりには頭語と結語をつけます。住所氏名、連絡先は、日付けの下か用紙の一番下の右端に明記します。タイトルをつけると事務的な送付案内状の体裁になるので、添え状に自己PRや志望動機に近い内容を盛り込むなら、タイトルをつけない方がいいでしょう。