転職理由が給料にある場合のやめ方  « 業種一覧にない業種

転職理由が給料にある場合のやめ方 

転職理由が給料に不満の場合に、退職理由として、給与が安いからとか、自分の能力が評価されていないとか、会社に将来性がないなどの理由でやめるということは、非常に難しいことですね。また、転職する側も給与面だけを見て転職するというのは、あまりにも短絡的で感心できませんですね。企業は本当に優秀な人材はそれだけ対価を支払って雇用しようとします。最初は給与面で不満があっても年数をかけて給与が他の既存の社員に追いつくように設定している会社もあります。そもそも自分が本当に多くの給与をもらう働きをしているのかということも謙虚に受け止めなければいけません。ですから、給与がなぜ安いのか、他の業種や、同期の入社した人と比べてどのくらい違うにか、あなたの仕事内容が給与に適合しているかなど、総合的に自分自身と、会社、仕事の内容などを見て、判断しなければいけません。転職理由はあくまでポジティブな理由であることは大前提です。自分は何をしたいのか、この企業に何を貢献できるのかという自己分析をもう一度じっくりする必要があります。企業側もこの人を採用するに当たって、自社にメリットがあるのかないのかということを見ていますから、転職する前に、ご自身のアピールポイントがわからなくて、的確に主張できない方も少なくないですから、そのあたりを担当者と相談するのも良いかもしれませんね。
「ナースではたらこ」で転職に成功・看護師転職に無料登録

タグ: