1月 « 2016 « 業種一覧にない業種

2016 年 1 月 のアーカイブ

転職理由が給料にある場合のやめ方 

2016 年 1 月 29 日 金曜日

転職理由が給料に不満の場合に、退職理由として、給与が安いからとか、自分の能力が評価されていないとか、会社に将来性がないなどの理由でやめるということは、非常に難しいことですね。 (さらに…)

看護師の転職成功事例

2016 年 1 月 26 日 火曜日

看護師の転職成功事例を紹介します。ある看護師は、定期昇給がほとんどなかったことから、将来に不安を感じ、年収アップを目的にして転職活動を始めました。ただ、私立病院は定期昇給額がどこもあまり高くなく、どこへ移っても条件的には厳しいと感じていました。しかし、通勤時間帯を広げたことで転職に成功しました。これまでは自宅から30分程度の職場を探していたのですが、通勤時間を1時間30分まで広げたところ、県内で給与の高い病院を見つけることができたのです。通勤距離の拡大を検討したところ、結果的に年収が大幅にアップし、定期昇給額はこれまでの3倍以上になりました。ある看護師は、給与が低かったことが悩みの種で、日勤のみで常勤の仕事を探していました。しかし、なかなか良いところは見つかりませんでした。年齢、経験を考慮すると、条件に合う仕事が少なかったのです。そこで、仕事の選択肢に、夜勤ありの病棟勤務を加えることにしました。そうすると給与が増えたのです。日勤のみの希望から選択肢を広げ、給与アップの転職を実現した成功事例です。

なるには進学サイト

2016 年 1 月 9 日 土曜日

看護師の勤め先といえば、ホスピタルという想像がオーソドックスでしょう。

 

でも、看護師の資格を持った方が働かす職場は、ホスピタル以外にも様々います。

保健所で、保健師の方と協力して、<!–more–>地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の戯れです。

また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が為します。

修学旅行やツアーなどに随行して、いざというときのホスピタルの手配などを仕立てる看護師も存するのです。結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤なしの勤務場所を願っでいるものです。病院ではないところで働くには、そこで求まられる專門の知識を持っている免許看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。

看護士に懸かりたい動機は本当に何をきっかけにして看護師に成ろうと思い付いたのかを交えれば良い印象に掛ります。

 

転職の理由はこれまでに蓄えたスキルを法的有効性活用したいより誰かの役に立つテクノロジーを身に帯びたいなど、前向きなインプレッションを持たせられるもにもかかわらずします。

 

今までの勤務先についての良くないことは放かないようにしましょう。高校進学時点で衛生看護科をより抜くと、国家試問の受験資格を儲けるのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。 でも、在学中に進路を変改したくなっても進路を変じるのは簡単なことでは在りません。それに、ワーストで5年あれば試験を受けることができますが、試験までの期間が短いために勉学時間や実習をする時間が足りずに合格するのが難しいともいえます。

看護師ネーション試験に通るよりも、むしろ、看護学校を卒することの方が難しいと思い起す人も数多いと考えつかれています。

看護学校というのは、めっちゃ厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に落ちるなどのやや、したことで留年させられるそうです。

 

それほど厳しい学校を卒し、国家試験も合格できた人には、是が非でも看護師の職に就いてほしいですね。

看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考えて早い動きで営みを起こすことが大切です。

また、どんな点を重視するのかを決めておいた方が完遂しやすいでしょう。 将来どう掛りたいかをぴちっとと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報を寄せてください。 年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も思いやりしておきましよう。

看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても違います。 現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のコンヴァージョン制に罹っているというケースが多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入しているホスピタルが多いのです。 とはいうものの、2交代制の方が休みが多く毀れるため、2交代制の者を願う看護師も多いでしょう。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。 月読みに8回までと国の指針で定められていますが、程をとんでもなくえてしまうことも数多いです。

 

勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を差しだせれなくなったり、体調を切り換えやすいのも、看護師を辞める取り分が高い理由の一部かもしれません。